2010年04月23日

対戦車用ミサイル 土手に誤発射 爆発はせず 群馬・高崎(毎日新聞)

 22日午後2時ごろ、群馬県高崎市の陸上自衛隊吉井弾薬支処で、隊員が対戦車用ミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」(全長157センチ、直径15センチ、重さ33キロ)を点検中、突然ミサイルが発射し、施設の壁を突き破って約5メートル先の土手にぶつかった。ミサイルはさく裂せず、隊員にけがはなかった。外部への影響もないという。陸自などが誤発射の原因を調べている。

【写真で見る日本の軍事力】陸上自衛隊:富士総合火力演習

 防衛省陸上幕僚監部によると、このミサイルは戦車や船などを標的に使われる。正常に作動するかどうかを点検するため、隊員2人が保管用の容器から取り出して作業していたところ、1発が突然、飛んだという。加速度などが足りなかったため爆発しなかったとみられる。

 本来、発射の際には筒状の装置に入れて通電させるが、電流が過大に流れると、本体だけでも飛ぶことがあるという。陸自トップの火箱芳文・陸上幕僚長は22日の会見で「極めて不適切。大変申し訳ない」と陳謝した。

 現場はJR高崎駅から約5.5キロ離れた農村地域。消防車両やパトカー、ヘリコプターなどが集まり騒然となった。近くに住む女性(76)は「40年以上住んでいるが、これまで危ないと思ったことはなかった。実際に事故が起きると怖い」。男性(70)は「遠くで銃を撃つような音には慣れているが、今日は少し大きい音がしたので、変だなと感じた」と話した。【樋岡徹也、角田直哉】

【関連ニュース】
【自衛隊と事故】護衛艦衝突:「くらま」、関門海峡で貨物船と
ボックス60:1967(昭和42)年4月21日 佐藤栄作首相が武器輸出三原則
【こちらは国産ロケット】大型ロケットH2B:打ち上げ成功 宇宙ステーション補給機を搭載
ミサイル防衛:PAC3芦屋配備反対 住民が町に要請書 /福岡

沖縄県民大会に党幹部出席へ=徳之島案にも反対−社民(時事通信)
<茨城信者に性的暴行>牧師が起訴内容を全面否認(毎日新聞)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
同一略称、止める手だてなし=新党たちあがれ「日本」使用で−原口総務相(時事通信)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
posted by カネマル ダイスケ at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。